芥川賞作家の故・田辺聖子さんの小説が原作の劇場版アニメ「ジョゼと虎と魚たち」(タムラコータロー監督、12月25日公開)の予告編が10月13日、公開された。女優の清原果耶さんが足が不自由な少女ジョゼ、俳優の中川大志さんが大学生の恒夫を演じており、予告編ではジョゼが恒夫に「見たらしばく」「あたいを海まで連れて行け」と話す場面や、ジョゼに振り回される恒夫が「あいつ泣かす!」と愚痴をこぼすシーンなどが描かれた。

 予告編では、恒夫がジョゼの無理難題に振り回されるコミカルなシーンのほか、恒夫がふさぎ込むジョゼを連れ出し、さまざまな場所に出かける様子などが描かれた。主題歌を担当する歌手のEveさんが挿入歌「心海」を担当することも発表され、予告編で同曲がお披露目された。

 ゲスト声優としてお笑いコンビ「見取り図」が出演することも発表された。見取り図の盛山晋太郎さんが恒夫がバイトをしているダイビングショップの西田店長、リリーさんが駅員をそれぞれ演じる。盛山さんは「よく声が特徴的だねと言われてたので、このお話がきた時はすごくうれしかったです」と話し、リリーさんは「声優はやってみたい仕事の一つだったので、一つの夢がかない、とてもうれしいです!」とコメントを寄せた。

 「ジョゼと虎と魚たち」は、自分の世界を生きる足が不自由な少女ジョゼと、ひょんなことから彼女と出会った大学生の恒夫の恋を描く。俳優の妻夫木聡さん、女優の池脇千鶴さん主演、犬童一心監督の実写映画が2003年に公開された。

 アニメは、「ノラガミ」シリーズのタムラさんが監督を務め、「交響詩篇エウレカセブン」「僕のヒーローアカデミア」などのボンズが製作する。「ストロボ・エッジ」の桑村さや香さんが脚本を担当し、マンガ「荒ぶる季節の乙女どもよ。」の作画を担当した絵本奈央さんがキャラクター原案、「妖狐×僕 SS」「クジラの子らは砂上に歌う」などの飯塚晴子さんがキャラクターデザイン、総作画監督を務める。