アニメやゲームが人気の「デジモン」シリーズの劇場版アニメ「デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆」(田口智久監督)が中国で10月30日に公開され、公開から5日間で観客動員数が約245万人を記録したことが分かった。興行収入は約12億円を突破し、2020年に中国で公開された日本映画としては現時点で首位の興行収入となった。

 「デジモン」は、1997年6月に携帯ゲームが発売。テレビアニメ第1弾が1999〜2000年に放送され、息の長いコンテンツとして親しまれている。「LAST EVOLUTION 絆」は「PERSONA3 THE MOVIE」「キノの旅-the Beautiful World- the Animated Series」などの田口智久さんが監督を務め、「デジモン」シリーズの初代プロデューサーを務めた東映アニメーションの関弘美さんがスーパーバイザーとして参加した。

 国内では今年2月に公開された。