吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんのマンガが原作のアニメ「鬼滅の刃」と京都の東映太秦映画村、京都鉄道博物館、京福電気鉄道の嵐山線(嵐電)がコラボしたイベント「鬼滅の刃 京ノ御仕事 弐」が12月26日〜2021年3月14日に開催される。東映太秦映画村では、東映京都撮影所の美術スタッフがアニメの名場面を再現したセットが登場する。劇場版「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」で主人公・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)が繰り出すヒノカミ神楽・碧羅(へきら)の天、狭霧山の大岩を刀で斬る体験ができるコーナーや、産屋敷邸、蝶屋敷を再現したフォトスポットが登場する。

 京都鉄道博物館では、「鬼滅の刃」の舞台である大正時代に製造された蒸気機関車(SL)に「無限」プレートを取り付けた無限列車仕様のSLが登場する。無限列車仕様SLは、SLスチーム号の牽引(けんいん)機として運行もする。炭治郎のボイスが車内で流れるSLスチーム号の運行も実施される。

 嵐電では、期間限定で「鬼滅の刃 京ノ御仕事 弐」仕様の特別車両4両が走行する。嵐山駅には、観光スポット・キモノフォレストに炭治郎や禰豆子(ねずこ)、煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)らキャラクターの衣装をイメージしたオブジェが設置される。嵐山駅内には、藤の花の装飾を施した藤の花エリアも登場する。

 炭治郎や煉獄らキャラクターがデザインされたコラボグッズも発売される。スカート姿の禰豆子や着物姿の炭治郎、煉獄らを描き下ろしたイラストがデザインされたクリアファイル、缶バッジ、アクリルフィギュアスタンドなどをラインアップする。