「MANTANWEB」などでコラムを連載中のアニメコラムニストの小新井涼さんが大ヒット中の「鬼滅の刃」のブームをひもとく電子書籍「鬼滅フィーバーはなぜ起こったか? データで読み解くヒットの理由」(インプレス)が12月25日、発売された。990円。

 小新井さんは、MANTANWEB、Yahoo!ニュース個人、現代ビジネスなどでコラムを連載しているほか、執筆活動の傍ら、北海道大大学院国際広報メディア・観光学院博士課程に在籍し、学術的な観点からアニメについて考察、研究している。毎週約100本以上(再放送、配信含む)の全アニメを視聴し、全番組の感想をブログにつづっていることでも知られる。

 同書では、「時系列で振り返る『鬼滅の刃』ブームの軌跡」「『鬼滅の刃』ブーム3つの外的要因」「『鬼滅の刃』が漫画・アニメ界に与えた影響」の3章で構成。早くから「鬼滅の刃」に注目し動向を見守ってきた小新井さんが、公開中の劇場版アニメ「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」を一つの区切りとして、客観的なデータを基に“鬼滅フィーバー”を読み解く。