1月4日に発表された2、3日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんの人気マンガが原作のアニメ「鬼滅の刃」の劇場版「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(外崎春雄監督)が、12週連続で首位を獲得した。土日2日間で、約42万5000人を動員し、興行収入は約6億7800万円を記録。累計では、動員2548万人、興行収入346億円を突破した。

 初登場作品では、ゾンビ映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」の続編「新感染半島 ファイナル・ステージ」(ヨン・サンホ監督)が7位にランクインした。

 累計では、前週の3位からワンランクアップし2位となった「新解釈・三國志」(福田雄一監督)が、動員227万人、興行収入30億円を突破した。

 1位 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編
 2位 新解釈・三國志
 3位 映画 えんとつ町のプペル
 4位 劇場版ポケットモンスター ココ
 5位 約束のネバーランド
 6位 STAND BY ME ドラえもん 2
 7位 新感染 ファイナル・エクスプレス
 8位 ワンダーウーマン1984
 9位 天外者
 10位 劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME/劇場短編 仮面ライダーセイバー 不死鳥の剣士と破滅の本