壁井ユカコさんの小説が原作のテレビアニメ「2.43 清陰高校男子バレー部」が、1月7日からフジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」で放送される。福井を舞台に弱小男子バレー部が全国を目指す姿が描かれる。「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」などの木村泰大さんが監督を務め、david productionが制作する。

 東京の強豪中学バレーチームで深刻なトラブルを起こしてしまった灰島公誓(はいじま・きみちか)は子供時代を過ごしたの母方の郷里・福井に転居し、幼なじみの黒羽祐仁(くろば・ゆに)と再会する。ずばぬけた身体能力を持ちながらプレッシャーに弱い黒羽と、バレーへの圧倒的な情熱と才能ゆえに周囲との摩擦を起こしがちな灰島は中学最後の県大会で衝突し、絶縁状態のまま地元の七符清陰高校に進学する。

 七符清陰高校の男子バレー部で待っていたのは、身長163センチの熱血主将・小田伸一郎と秀才で毒舌家の副主将・青木操の3年生コンビ、日光アレルギーで常に長袖長ズボンの棺野秋人、バレー初心者の大隈優介ら2年生だった。個性的なメンバーがそろう弱小男子バレー部が全国を目指す。

 「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」「呪術廻戦」などの榎木淳弥さんが黒羽祐仁、「黒子のバスケ」などの小野賢章さんが灰島公誓を演じるほか、梅原裕一郎さん、伊東健人さん、蒼井翔太さん、木村昴さんも声優として出演する。