津軽三味線×青春がテーマのマンガが原作のテレビアニメ「ましろのおと」が、MBS・TBSほかの深夜アニメ枠「アニメイズム」で4月2日から放送されることが分かった。声優として梅原裕一郎さん、畠中祐さん、三上枝織さん、逢田梨香子さんが出演することも発表された。

 梅原さんは津軽三味線の全国大会を2連覇した実力派奏者・神木清流、畠中さんは神木清流の師範・神木流絃の息子の田沼総一、三上さんは田沼総一の妹・舞、逢田さんはキャバクラで働きつつグラビアアイドルを目指す立樹ユナをそれぞれ演じる。主人公・澤村雪と神木清流が対峙(たいじ)する第2弾キービジュアルも公開された。

 梅原さんは「神木清流は、雪と同じく三味線に取りつかれた人間です。彼の三味線に対する愛は、異常性を感じさせるほどで、天才であるが故に狂気をはらんでいます。そんな彼を演じるのはとても楽しく、また一つのことに没頭する彼が羨ましくもありました。雪との出会いが互いに影響を与え、感情が剥き出しになっていく様を見届けていただきたいと思います」とコメント。

 逢田さんは「私が演じるユナは、強い心を持っているように見えて実はとても繊細な女の子という印象を受けました。夢に対してとにかくひたむきで、アフレコ時はどこか昔の自分を見ているような気分になりながら演じていました。彼女の真面目な一面をしっかり表現できていたらいいなと思います」と話している。

 ロックバンド「BURNOUT SYNDROMES(バーンアウト シンドロームズ)」がオープニングテーマ「BLIZZARD」と「銀世界」を担当することも分かった。エンディングテーマは、歌手の加藤ミリヤさんと津軽三味線奏者の吉田兄弟のコラボ楽曲「この夢が醒(さ)めるまでfeat.吉田兄弟」となる。

 「ましろのおと」は、「月刊少年マガジン」(講談社)で連載中の羅川真里茂さんのマンガが原作。伝説的な津軽三味線奏者の祖父を亡くした澤村雪が単身、青森から上京し、自らの音を探す姿を描く。アニメは、「からかい上手の高木さん」などの赤城博昭さんが監督を務め、シンエイ動画が制作する。島崎信長さんが主人公・澤村雪の声優を務める。

 ◇キャスト(敬称略)

 澤村雪:島崎信長▽澤村若菜:細谷佳正▽澤村梅子:本田貴子▽前田朱利:宮本侑芽▽山里結:近藤玲奈▽矢口海人:岡本信彦▽永森雷:鈴木達央▽神木清流:梅原裕一郎▽田沼総一:畠中祐▽田沼舞:三上枝織▽立樹ユナ:逢田梨香子