テレビアニメ「七つの大罪」の最終章「七つの大罪 憤怒の審判」がテレビ東京系で毎週水曜午後5時55分、BSテレ東にて毎週水曜深夜0時半に放送されている。原作は「週刊少年マガジン」(講談社)で2012〜2020年に連載された鈴木央(なかば)さんの人気マンガ。2014年にスタートしたテレビアニメ第1期からキングを演じているのが福山潤さんだ。約7年にわたってキングを演じる中で「冷静に判断すればするほど難易度が上がるポイントが多い」と感じているという福山さんに、作品、キャラクターへの思いを聞いた。

 ◇覚醒した後が自分の地声に一番近い 

 −−ここまで「七つの大罪」に出演して感じていること、作品やキャラクターの魅力を教えてください。

 基本的にはこれまでのシリーズの蓄積と、今できるクオリティーとを照らし合わせて臨む、というのが、今シリーズが始まった時に考えていたことですが、キングはまた段階が成長するので、そこのさじ加減も考えながら演じることにはなります。個人的には覚醒した後が自分の地声に一番近い形で演じられるのでうれしいですね。

 −−長きにわたって演じる中で変化はありましたか?

 積み重ねど、途中から参加する視聴者もいますし、一度のシリーズで出来上がったテンションがまたリセットされて、次のシリーズが始まるのですが、物語自体は直結している。全体を各シリーズに分けて、長期で物語を描いていく上での一番難しいところが、見る側と制作する側の時間による熱量の変化とその調整だと感じます。自分の中でも数年が経過し、冷静に判断すればするほど難易度が上がるポイントが多く、そこを自身の中で消化していくこと、向き合い方が第1期の頃とは変化したところかと感じます。

 ◇ならではの難しさは「秘密」

 −−声優陣のチームワークはいかがですか?

 チームワークがよいのか悪いのか僕にはよく分かりません(笑い)。どこにいても自分の立ち回りは大差ないですし、主役に梶(裕貴)君がいることで、彼が中心になることも織り込んでいます。ですが、始まってから約7年が経つわけですから、皆それぞれ成長したり、なんやかんやがあったりする中で、「意識しなくても大丈夫」という不思議な安心感があるような気はしています。まぁ、皆、個性ありすぎるメンツですから(笑い)。

 −−「七つの大罪」ならではの難しさ、挑戦はありますか?

 ずっと感じている「七つの大罪」ならではの難しさはありますが、それは秘密です。個人的な挑戦は毎シーズンで変わっています。肉体的な変化と進歩をどのようになじませていけるか、とか、やり方を変えなければ同じにならないポイントとか、挙げれば結構あります。でも、それらは大体秘密です(笑い)。

 −−最終章の見どころを教えてください。

 それはもう、このファンタジー大河作品が堂々と正面から完結まで描かれるわけです。これ以上の見どころがありましょうか!! 皆様には最後まで見届けていただいて、「七つの大罪」の物語を次へ導いてくださることを願います!!