3月15日に発表された13、14日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、人気アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズの劇場版新作「シン・エヴァンゲリオン劇場版」(庵野秀明総監督)が初登場で首位を獲得した。土日2日間で約76万1000人を動員し、興行収入は約11億7700万円を記録。公開初日の8日から7日間の累計では、動員219万人、興行収入33億円を突破した。最終興行収入約53億円を記録したシリーズ前作「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」との7日間の比較で動員133.6%、興行収入145.1%となるヒットスタートを切った。

 初登場作品では、俳優の新田真剣佑さん主演の「ブレイブ -群青戦記-」(本広克行監督)が2位にランクイン。土日2日間で約11万1000人を動員し、興行収入は約1億4300万円を記録した。ほかにも、劇場版アニメ「映画しまじろう『しまじろうと そらとぶふね』」(河村友宏監督)が9位に登場した。

 公開22週目を迎えた劇場版アニメ「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(外崎春雄監督)は、公開から初めてトップ3を逃し、4位となった。累計では動員2800万人、興行収入386億円を突破している。

 1位 シン・エヴァンゲリオン劇場版
 2位 ブレイブ -群青戦記-
 3位 花束みたいな恋をした
 4位 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編
 5位 名探偵コナン 緋色の不在証明
 6位 太陽は動かない
 7位 ラーヤと龍の王国
 8位 ライアー×ライアー
 9位 映画しまじろう「しまじろうと そらとぶふね」
 10位 映画 えんとつ町のプペル