「週刊少年マガジン」(講談社)で連載中のスパイアクションマンガ「テスラノート」がテレビアニメ化され、2021年に放送されることが4月7日、分かった。アニメ「TIGER & BUNNY」やNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」などの脚本を手がけたことで知られる西田征史さんが原作のマンガで、アニメでは西田さんがシリーズ構成・脚本を担当する。福田道生さんが監督を務め、ギャンビットが制作する。

 小原好美さんが主人公の根来牡丹(ねごろ・ぼたん)、鈴木達央さんが根来牡丹とコンビを組むことになるクルマを演じるほか、前野智昭さん、諏訪部順一さん、神谷浩史さんが声優として出演することも発表された。

 「テスラノート」は、2021年1月に「週刊少年マガジン」で連載を開始。西田さん、久保忠佳さんが原作、三宮宏太さんが作画を担当。幼少期から忍者として教育を受け、最高の諜報員(ちょうほういん)として育て上げられた主人公・根来牡丹が、自称・ナンバーワン諜報員のクルマとコンビを組み、世界の破滅を懸けた任務に挑む姿を描く。

 ◇スタッフ(敬称略)

 監督:福田道生▽シリーズ構成・脚本:西田征史▽キャラクター原案:POKImari▽音楽:和田薫▽アニメーション制作:ギャンビット

 ◇キャスト(敬称略)

 根来牡丹:小原好美▽クルマ:鈴木達央▽高松隆之助:前野智昭▽ミッキー・ミラー:諏訪部順一▽オリバー・ソーントン:神谷浩史