新潮社のマンガサイト「くらげバンチ」で連載中のおおのこうすけさんのマンガが原作のアニメ「極主夫道」の主人公・龍(たつ)のエプロン姿のキャラクタービジュアルが、MANTANWEBで独占解禁された。原作では、犬のキャラクターが描かれたエプロンは龍のトレードマークで、アニメでも再現される。龍の妻でキャリアウーマンの美久のスーツ姿、龍の元舎弟の雅がうつむく姿を描いたキャラクタービジュアルも公開された。

 美久役の伊藤静さんは、収録を振り返り、「ノリがいいところもあるので、そういうシーンはギャグに全力でぶち当たる方向でとにかく出し切る! 出し惜しみしない!!という気持ちで演じました。どの話数も収録の時点でみんな笑いをこらえながら演じているので、完成した時の破壊力が怖い……!!」と話している。

 「極主夫道」は、“最凶”の極道「不死身の龍」といわれ、極道から足を洗い専業主夫となった龍が、家族や町の平和を守る姿を描くコメディー。2020年に放送された連続ドラマも話題となった。

 アニメは、津田健次郎さんが、主人公の元極道で専業主夫の龍を演じる。津田さんは同作の実写版PVで龍を演じたことも話題になった。今千秋さんが監督を務め、J.C.STAFFが制作する。4月8日からNetflixで全世界配信される。