小松左京さんのSF小説「日本沈没」が原作のアニメ「日本沈没2020」の第1話「オワリノハジマリ」が、アヌシー国際アニメーション映画祭テレビ部門コンペティション作品にノミネートされたことが分かった。同アニメを手がけた湯浅政明監督は、これまでに短編部門で1回、長編部門で2回、テレビ部門で1回と4度のノミネートがあり、2017年には「夜明け告げるルーのうた」で、長編部門クリスタル賞(グランプリ)を受賞している。「日本沈没2020」で5度目のノミネートとなった。

 「日本沈没」は1973年に発表された小松さんの小説。「日本沈没2020」は、「夜明け告げるルーのうた」「四畳半神話大系」「映像研には手を出すな!」などで知られる湯浅さんが監督を務めた。2020年、日本で突然、大地震が起き、大混乱の中、東京都内に住むごく普通の家族、武藤家の面々は東京からの脱出を始めるが、沈みゆく日本列島は、容赦なく武藤家の面々を追い詰める。極限状態で突きつけられる生と死、出会いと別れなどが描かれる。

 Netflixで配信され、劇場版として再構築した「日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-」も2020年に公開された。