女優の深田恭子さんが4月12日、東京都内で行われた劇場版アニメ「それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国」(川越淳監督、6月25日公開)の公開アフレコイベントに、胸元にスリットが入ったピンクのノースリーブワンピース姿で登場。愛犬の名前に、人気キャラクターの「メロンパンナ」と名付けるほど大のアンパンマン好きの深田さんは、今回の出演に「ずっと出たいと思っていました。夢がかないました」と語り、感慨深げな表情を見せた。公開アフレコでは「恥ずかしい」と大照れで、台本で顔を隠す一幕もあった。

 子供たちのヒーローのアンパンマンにちなみ、自身にとってのヒーローを聞かれると、深田さんは「吉田沙保里さん」と回答。「引っ込み思案の私をどんどん前に引っ張ってくれる。沙保里ちゃんは、私にとってのアンパンマンです」と語った。

 イベントには深田さんと共にゲスト声優を務めるお笑いコンビ「アンタッチャブル」の山崎弘也さんも出席。山崎さんは、深田さんの回答を聞くと「(吉田さんは)アンパンマンより強い可能性がある。霊長類最強だから」と突っ込み、笑いを誘った。山崎さんも、自身にとってのヒーローを聞かれると「僕はやっぱり、カンニング竹山さん。困ったときに助けてくれる。竹山さんがいつでもどこにいても、僕も分かる」とコメントしていた。

 今作は、人気アニメ「それいけ!アンパンマン」(日本テレビ系)の劇場版最新作で、「雲の国」で生まれた雲の子・フワリーと、アンパンマンたちが国を救うため奮闘する姿が描かれる。深田さんがフワリー役を務める。