人気アニメ「ガンダム」シリーズの「機動戦士ガンダムSEED」に登場するフリーダムガンダムの実物大立像が中国・上海に設置されたことが話題になっている。「ガンダム」シリーズの実物大立像は、東京・台場のユニコーンガンダムなどがあるが、海外で設置されるのは初めて。バンダイ、バンダイスピリッツが、実物大フリーダムガンダム立像をモチーフにしたプラモデル(ガンプラ)やグッズを発売する。

 ガンプラ「フルメカニクス 1/100 【ガンダムベース限定】 ZGMF-X10A フリーダムガンダム Ver.GCP」(4400円)は、全身のパネルラインやディテールを新規造形で再現。立像と同じポーズでディスプレーできる。ビームライフル、ビームサーベルなどの武器を備え、羽根に収納されたビーム砲、腰部のレールガンを展開することで、フルバーストモードにもなる。

 SDタイプのガンプラ「SDガンダムEXスタンダード 【ガンダムベース限定】 ZGMF-X10A フリーダムガンダム Ver.GCP」(770円)も全身のパネルラインやディテールを再現。同じくSDタイプのフィギュアでガムのおまけの食玩「FW GUNDAM CONVERGE:CORE フリーダムガンダム Ver.GCP」(2310円)も発売される。

 立像がデザインされたTシャツ(3850円)やフェースタオル(2420円)などのアパレル、グッズもラインアップする。バンダイの公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」で予約を受け付けている。