2020年12月にマンガ誌「週刊少年マガジン」(講談社)に掲載された読み切りマンガ「黒岩メダカに私の可愛いが通じない」が連載化され、5月26日発売の同誌26号で連載がスタートした。マンガ「トーキョーバベル」の作画を担当した久世蘭さんが描くラブコメディーで、読み切りが好評だったことを受け、連載されることになった。同号では、一挙2話掲載された。

 「黒岩メダカに私の可愛いが通じない」は、容姿端麗かつスタイル抜群で“息をするようにモテる女”川井モナと、転校生の“禁欲男子”黒岩メダカを巡るラブコメディー。川井モナが、自分に見向きもしない黒岩メダカを振り向かせようとする“惚(ほ)れさせ”奮闘記が描かれる。

 同号では、川井モナと黒岩メダカが描かれたメタリック複製原画のプレゼントキャンペーンも実施。同号に付いている応募券で応募できる。声優の辻美優さん、服部想之介さんが出演する読み切り版のボイスコミックが、同誌の公式YouTubeチャンネル「マガジンチャンネル」で公開されている。