女子サッカーをテーマにした劇場版アニメ「映画 さよなら私のクラマー ファーストタッチ」(宅野誠起監督、6月11日公開)の完成披露イベントが6月2日、東京都内で行われ、主題歌「空は誰かのものじゃない」を担当する声優で歌手の小林愛香さんが登場した。小林さんは「映画の主題歌を歌わせていただくのが夢だったので、その夢がこんなふうにかなって、皆さんに歌が届くと感じて、すごくうれしかったです」と思いを明かした。

 小林さんは同作の原作である新川直司さんのマンガ「さよならフットボール」も読んでいたといい、「読んでいる時から早くアニメになって動いてほしいと思っていました。映画は、サッカーを知らない私でもどんどんのめり込んで、自分もサッカーをしているような感覚になって楽しめました」と話した。

 同作で主人公・恩田希がサッカーに夢中になることにちなみ、「最近夢中になっていることは?」という話題になると、小林さんは「おうちに新しいワンちゃんが来まして、どんどんどんどんデカくなっていくんです。その成長を見るのにハマっています」と明かした。

 イベントには、恩田希役の島袋美由利さん、同作の応援マネジャーを務めるアイドルグループ「日向坂46」の影山優佳さん、応援隊長でお笑いコンビ「ナインティナイン」の矢部浩之さんも登場した。

 「映画 さよなら私のクラマー ファーストタッチ」は、幼いころからサッカーを続けてきた恩田希が、藤第一中学校の男子サッカー部で男子とのフィジカルの差に葛藤しながらも「試合に出たい!」という思いを胸に奮闘する姿を描く。放送中のテレビアニメ「さよなら私のクラマー」の前日譚(たん)となる。