人気アニメ「宇宙戦艦ヤマト」シリーズの「宇宙戦艦ヤマト 2199」「宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち」の総集編「『宇宙戦艦ヤマト』という時代 西暦2202年の選択」の上映記念舞台あいさつが6月12日、新宿ピカデリー(東京都新宿区)で開催され、構成、監修、脚本を担当した福井晴敏さんらが登場した。シリーズの最新作「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち」の「前章 -TAKE OFF-」が10月8日に上映されることが発表されており、福井さんは、今後の展開について「本作は総集編というよりは新しいスタートライン。『2205』、さらにその先も……とここからは大河路線に走っていきます。今まで出してきた問題に解答していくような壮大な作品にしたい」と語った。

 舞台あいさつには、アベルト・デスラー役の声優の山寺宏一さん、森雪役の桑島法子さん、桐生美影役の中村繪里子さん、総集編を手がけた佐藤敦紀ディレクターも登壇した。

 「宇宙戦艦ヤマト」は1974年にテレビアニメ第1作が放送。「宇宙戦艦ヤマト2」「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」なども制作されてきた。第1作をリメークした「宇宙戦艦ヤマト2199」が2012〜14年、「2199」の続編「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」が2017〜19年に劇場上映、テレビ放送された。