吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんの人気マンガが原作のアニメ「鬼滅の刃」の劇場版「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(外崎春雄監督)の上映会が、TOHOシネマズ日比谷(東京都千代田区)で開催され、舞台あいさつに主人公・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)役の花江夏樹さんが登場した。花江さんは、テレビアニメの新作「『鬼滅の刃』遊郭編」について、「無限列車編」のメインキャラクター・煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)の名前を挙げ、「『遊郭編』も大変なんですけれど、煉獄さんから受け継いだものを出し切って、頑張っていきたい。引き続き応援していただけたらなと思います」と話した。

 舞台あいさつ付き上映会は、6月16日に発売された「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」のブルーレイディスク(BD)、DVDの完全生産限定版の早期予約キャンペーン特典として開催された。

 「鬼滅の刃」は、家族を鬼に殺された竈門炭治郎が、鬼に変異した妹・禰豆子(ねずこ)を元に戻すために旅立つ……というストーリー。原作は、2016〜20年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載され、テレビアニメが2019年4〜9月に放送された。テレビアニメの放送と共に原作の人気も加速し、コミックスのシリーズ累計発行部数は1億5000万部を突破。テレビアニメの新作「『鬼滅の刃』遊郭編」の制作が発表されている。

 劇場版アニメ「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が、邦画、洋画を合わせた歴代興行収入ランキングで「千と千尋の神隠し」(2001年)の約316億8000万円を超えて、1位となったことも話題になっている。国内興行収入は400億円、全世界の興行収入は517億円を突破している。