1週間のアニメのニュースをまとめて紹介する「アニメ1週間」。今回(6月27日〜7月36日)は、「鬼滅の刃」とユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市此花区)がコラボするニュースや「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち」の映像が公開された話題などが注目された。

 6月27日、スクウェア・エニックスの人気アクションRPG「聖剣伝説」シリーズの「聖剣伝説 Legend of Mana」がアニメ化されることが分かった。同シリーズがアニメ化されるのは初めてで、シリーズ30周年を記念して制作されることになった。タイトルは「聖剣伝説 Legend of Mana -The Teardrop Crystal-」で、ゲームのHDリマスター版のアニメーションPVを手掛けたグラフィニカ、横浜アニメーションラボが制作し、ワーナー ブラザース ジャパンがプロデュースする。

 27日、アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」などの脚本で知られる岡田麿里さんが監督を務めるオリジナル劇場版アニメ「アリスとテレスのまぼろし工場」が制作されることが明らかになった。2018年に「さよならの朝に約束の花をかざろう(さよ朝)」でアニメ監督デビューした岡田さんの最新作で、「呪術廻戦」「ユーリ!!! on ICE」などのMAPPAが制作する。MAPPAがオリジナル劇場アニメを制作するのは初めて。平松禎史さんが副監督、石井百合子さんがキャラクターデザイン・総作画監督、東地和生さんが美術監督を務め、「さよ朝」のメインスタッフが再集結する。

 28日、吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんのマンガが原作のアニメ「鬼滅の刃」とUSJが初めてコラボすることが分かった。「鬼滅の刃」の世界をアトラクションで再現するほか、オリジナルフードやグッズを展開する。竈門炭治郎(かまど・たんじろう)の水の呼吸をはじめとした剣技を全身で体感できるアトラクションを予定しているという。9月17日〜2022年2月13日に開催される。

 29日、人気アニメ「宇宙戦艦ヤマト」シリーズの「宇宙戦艦ヤマト 2199」「宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち」の総集編「『宇宙戦艦ヤマト』という時代 西暦2202年の選択」のトークイベントが新宿ピカデリー(東京都新宿区)で開催され、シリーズ最新作「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち」を手がける安田賢司監督、シリーズ構成、脚本の福井晴敏さん、脚本の岡秀樹さんが登場。「2205」の「前章 -TAKE OFF-」の本編冒頭、オープニングタイトルのほか、デーダーや戦艦のグレートプレアデスが登場する映像も公開され、福井さんらが「2205」について語った。

 29日、小説投稿サイト「小説家になろう」で人気のライトノベルが原作のテレビアニメ「異世界食堂」の第2期「異世界食堂2」が今秋に放送されることが分かった。

 29日、高屋奈月さんの人気少女マンガが原作のテレビアニメ「フルーツバスケット」の主人公・本田透の両親である本田勝也と今日子の過去を描くアニメ「今日子と勝也の物語」が、2022年に制作されることが分かった。「フルーツバスケット」が舞台化され、2022年に上演されることも発表された。

 30日、高橋留美子さんの人気マンガ「犬夜叉」の殺生丸、犬夜叉の娘たちが活躍するテレビアニメ「半妖の夜叉姫」の続編「『半妖の夜叉姫』弐の章」が、10月2日から毎週土曜午後5時半に読売テレビ・日本テレビ系で放送されることが分かった。人気グループ「NEWS」が、アニメのオープニングテーマを担当することも発表された。

 7月1日、アニメ「転生したらスライムだった件」の主人公・リムル=テンペスト役などの人気声優の岡咲美保さんが、アーティストデビューすることが分かった。9月15日にデビューシングル「ハピネス」(KING AMUSEMENT CREATIVE)が発売される。音楽プロデューサーのDECO*27さんが楽曲を手がける。

 1日、ヤマシタトモコさんの人気ホラーミステリーマンガが原作のテレビアニメ「さんかく窓の外側は夜」が、10月からTOKYO MX、BSフジほかで放送されることが分かった。声優として島崎信長さん、羽多野渉さんが出演することも発表された。島崎さんが主人公で、霊が見える青年・三角康介、羽多野さんが三角とバディーを組むことになる除霊師の冷川理人をそれぞれ演じる。

 2日、アニメ「ノーゲーム・ノーライフ」「宇宙よりも遠い場所」などで知られるいしづかあつこ監督のオリジナル劇場版アニメ「グッバイ、ドン・グリーズ!」が制作され、2022年に公開されることが明らかになった。いしづか監督が脚本も手がけ、「宇宙よりも遠い場所」と同じく、吉松孝博さんがキャラクターデザインを担当し、マッドハウスが制作する。

 2日、新選組がモチーフの人気ゲーム「薄桜鬼」の新作OVA(オリジナル・ビデオ・アニメ)が制作されることが分かった。新作に新キャラクターとして酒井兵庫が登場することも発表された。

 3日、一迅社文庫アイリス(一迅社)のライトノベルが原作のテレビアニメ「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…(はめふら)」が舞台化されることが分かった。2022年夏にサンシャイン劇場(東京都豊島区)で上演される。