人気SF特撮人形劇「サンダーバード」の新作「サンダーバード55/GOGO」が、2022年に公開されることが7月7日、明らかになった。同シリーズの新作が日本で劇場公開されるのは、1968年公開の「サンダーバード6号」以来、約54年ぶり。1965年から英国で放送され、1966年からは日本でも放送された同作の日本放送開始55周年を記念した「サンダーバード55周年プロジェクト」の一環として公開される。

 新作は、英国のクラウドファンディング企画で2015年に制作され、参加者向けに公開された計3話のエピソードを、日本公開用に再編集した。1960年代後半にラジオドラマ用に書かれた脚本を基にしたエピソードを初めて映像化した。オリジナル版と同じく特殊なマリオネットを駆使したスーパーマリオネーションという手法で撮影された。

 「サンダーバード」は、英国テレビ界の名匠、ジェリー・アンダーソンさんの代表作で、1965年に英国で放送をスタートし、1966年には日本でも放送開始。2065年を舞台に、世界的な大富豪のジェフ・トレーシーとその家族らによって構成された国際救助隊が、スーパーメカ・サンダーバードを駆使して活躍する姿を描いた。劇場用長編版が2本製作され、2004年には実写映画が公開。2015年にCGアニメ「サンダーバード ARE GO」が放送された。

 「サンダーバード55周年プロジェクト」では、コンサート「サンダーバード55周年シネマコンサート〜世界の人の命を守る科学と勇気の物語〜」が9月7日に東京オペラシティコンサートホール(東京都新宿区)で開催される。プラモデル、レプリカパペットといったグッズも発売される。