「別冊少年マガジン」(講談社)で連載中のマンガが原作のテレビアニメ「100万の命の上に俺は立っている」の第2シーズンに人気バーチャルYouTuber(VTuber)の樋口楓、静凛が声優として出演することが7月7日、分かった。樋口楓、静凛は、第13話「そうだ ジフォン、行こう。」に出演する。

 樋口楓は、オープニングテーマ「Baddest」も担当している。アフレコに参加し「まさか私が声優さんに……?!と、ワクワクとドキドキでいっぱいの気持ちでした。アフレコブースへは、生まれて初めて入室したので、『え、これ見たことある! あ、キューランプが光ってる!』と、アフレコ中もとても楽しかったです」と話している。

 静凛は「アニメの声優のお仕事を、静凛の活動目標の一つにしていたので、かなっちゃいました……本当にうれしいです! しかもしかも、異世界転生(召喚)マンガに大ハマりしていることもあり、俺100に参加させてもらえるなんて思ってもみなくて、すっごい興奮しちゃいました!!!!」とコメントを寄せている。

 「100万の命の上に俺は立っている」は、2016年から「別冊少年マガジン」で連載中の山川直輝さん原作、奈央晃徳さん作画のマンガ。合理的で単独行動が好きな中学3年生・四谷友助がある日、ゲームのような異世界に転送される……というストーリー。既に転送されていたクラスメートの新堂衣宇、箱崎紅末と共に3人目のプレーヤーとなった四谷は、命を懸けたクエストに挑むことになる。テレビアニメ第1シーズンが2020年10〜12月に放送された。第2シーズンは、TOKYO MX、MBS、BS11ほかで放送中。