アニメなどが人気の「ラブライブ!」シリーズの新シリーズのテレビアニメ「ラブライブ!スーパースター!!」の第1話「まだ名もないキモチ」がNHK・Eテレで7月11日に放送された。澁谷かのん役の伊達さゆりさんは第1話について「私たちと皆さんで作り上げてきたものが初めて形になったようなものを見たような気がして、まずはとても感動しました。かのんちゃんたちが育ってきた環境だったり、メンバーのお互いの関係性を見ることができ、これからがどうなっていくのかひたすらワクワクが止まりません」とコメントを寄せている。

 「ラブライブ!スーパースター!!」は、表参道と原宿と青山の間にある新設校・私立結ヶ丘女子高等学校を舞台に、澁谷かのんを中心とした5人の少女たちがスクールアイドルとして活躍する姿を描く。NHK・Eテレで毎週日曜午後7時に放送。

 ◇伊達さゆりさんのコメント

 −−第1話の感想は?

 私たちと皆さんで作り上げてきたものが初めて形になったようなものを見たような気がして、まずはとても感動しました。かのんちゃんたちが育ってきた環境だったり、メンバーのお互いの関係性を見ることができ、これからがどうなっていくのかひたすらワクワクが止まりません。第1話ならではのメンバー同士の関係性のぎこちなさだったり、今しか見られない!という思いもあったため、とても楽しく見ることができました。

 −−第1話のお気に入りのシーンは?

 かのんちゃんが、なぜ人前で歌うことが苦手なのか。過去に何があったのかが明らかになるのですが、可可ちゃんに何度もスクールアイドルに誘われ、最後には自分の心の底の想(おも)いを彼女にぶつけるんです。かのんちゃんなりのつらさや、歌が大好きだからこその悩みを最後のシーンで知ることができたような気がしました。そして、自分と向き合ったかのんちゃんのリュックに羽根が舞い降りるんです。そこが個人的にとてもお気に入りです!

 −−ファンにメッセージをお願いします。

 まずは、第1話をご覧くださってありがとうございます! 今まで明かされていなかった部分がこのお話で少し知ることができたのではないかなと思います。最後のシーンで、かのんちゃんは見事歌うことに成功していましたが、これから可可ちゃんと、そして、ほかのメンバーとどのような道を歩んでいくのか。私自身、彼女たちの成長がとっても楽しみです。スクールアイドルって、青春って、こんなにすてきなんだ!と思えるようなお話ばかりなので、次のお話もぜひ見てくださいね!