特撮ドラマ「仮面ライダーセイバー」と「機界戦隊ゼンカイジャー」(共にテレビ朝日系)の映画「セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記」(田崎竜太監督、7月22日公開)のスペシャルトークイベントが7月12日、生配信された。「仮面ライダーセイバー」で須藤芽依役を演じている川津明日香さんとソフィア役の知念里奈さんが出演し、イベント中に“ヒーローを支える立場”を演じる視点から「ヒーロー像」を語った2人が、終了後の会見で意外な変身願望を明かした。

 イベントには、「仮面ライダーセイバー」から仮面ライダーセイバー/神山飛羽真役の内藤秀一郎さん、仮面ライダーブレイズ/新堂倫太郎役の山口貴也さん、仮面ライダーエスパーダ/仮面ライダーカリバー/富加宮賢人役の青木瞭さん、仮面ライダー最光/ユーリ役の市川知宏さん、「機界戦隊ゼンカイジャー」からゼンカイザー/五色田介人役の駒木根葵汰さん、ツーカイザー/ゾックス・ゴールドツイカー役の増子敦貴さん、“レジェンドヒーローキャスト”としてシンケングリーン/谷千明役の鈴木勝吾さん、キラメイブルー/押切時雨役の水石亜飛夢さん、映画で「謎の少年」役を演じている鈴木福さんも出席した。

 自分にとって「ヒーローとは」という質問に、川津さんは「『仮面ライダー電王』や『ふたりはプリキュア』を見ていましたが、そういうヒーローは私がもし親になったとしても語り継がれていくもの。だから時代は問わないのかなと思う」と答えていた。

 同じ質問に知念さんは、「子供たちと一緒に見てきていて、シンケングリーンさんも見ていますし、今もセイバーに次男はドはまりして、本当にみんなのことをヒーローだと思っている」と前置きし、「そういう意味では、お母さんの目線でいっても子供のお手本になる、こんなふうになりたいなと思う子供たちの夢でもある。みんな大人になっても変身願望はあるし、みんな負けたくないし、立ち止まりたくないし、逃げたくないしといった“大人のロマン”みたいなものがヒーローにはあるのかなというのを、参加させてもらって発見しました」と母親目線でヒーロー像を分析していた。

 配信後の会見で、「自分以外のヒーローで変身してみたいヒーロー」を聞かれ、イベント中にヒーロー像を語っていた川津さんは「電王はどんぴしゃだったし、おもちゃも持っていたので変身してみたい」、知念さんは「セイバーになりたいです」と自身の変身願望をコメント。

 同じ質問に戦隊チームは、水石さんは「仮面ライダーナイト。黒いマントをびらっとしたい」、増子さんは「仮面ライダー電王」、駒木根さんは「シンケンジャーですね。変身の仕方が昔からずっとカッコいいなと思っていたのでやってみたい」、鈴木勝吾さんは「仮面ライダーシンとアマゾンアルファ。谷口賢志の。二つでお願いします」とそれぞれ答えていた。

 セイバーチームは、青木さんが「電王1択ですね。全ライダーカッコいいですけど、(特に電王は)ビジュアルも変身フォームもカッコいいし、人格を演じ分けたいというのもあって1択です」、山口さんは、「小さいころにクウガを見ていたのでクウガか、仮面ライダーナイトになりたい。空を飛べるからナイトかな」、内藤さんは「仮面ライダーシンですね。僕も電王とかになりたいですけど、シンが変身したときの気持ちとかに興味あります」、市川さんは「1号がいいです。原点に立ち返って、シンプルでカッコいいです。藤岡弘、さんの手前恐れ多いですけど」と回答。

 鈴木福さんは「一つは難しいけど、それでいったらディケイドで全部になるっていうのはありかもしれない。ディケイドで全部のカードを使って変身して、いろんなのになりたい」と特撮ファンらしい願望を口にしていた。

 「セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記」は、今年4月に放送開始50周年を迎えた仮面ライダーシリーズと、現在放送中の「ゼンカイジャー」で45作を数えるスーパー戦隊シリーズのダブルアニバーサリー作。「ヒーロー誕生の秘密」に迫る内容で、セイバー、ゼンカイジャーをはじめ、歴代の仮面ライダーとスーパー戦隊がシリーズの垣根を超えて共闘する。

 映画は、スーパーヒーローの“最強の敵”アスモデウス(谷田歩さん)のたくらみで、現実と物語の境界が曖昧(あいまい)となり、セイバー/神山飛羽真(内藤さん)ら「セイバー」のメンバーが「八犬伝」の世界、ゼンカイザー/五色田介人(駒木根さん)ら「ゼンカイジャー」の面々が「西遊記」の世界に迷い込む……というストーリー。