吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんの人気マンガが原作のアニメ「鬼滅の刃」の劇場版「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(外崎春雄監督)の上映会が7月18日、ミッドランドスクエアシネマ(名古屋市中村区)で開催され、我妻善逸(あがつま・ぜんいつ)役の下野紘さんが登場した。下野さんは、2021年にフジテレビほかで放送される新作「『鬼滅の刃』遊郭編」について「今後は『遊郭編』が待っています。スタッフ、キャスト、みんな心血注いで『無限列車編』に負けない覚悟、決意、思いを持って作っております。これからも引き続き『鬼滅の刃』を応援していただけるとありがたいです!」と話した。

 上映会は、6月16日に発売された「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」のブルーレイディスク(BD)、DVDの完全生産限定版の早期予約キャンペーン特典として開催された。

 「鬼滅の刃」は、家族を鬼に殺された竈門炭治郎(かまど・たんじろう)が、鬼に変異した妹・禰豆子(ねずこ)を元に戻すために旅立つ……というストーリー。原作は、2016〜20年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載され、テレビアニメが2019年4〜9月に放送された。

 劇場版アニメ「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は、邦画、洋画を合わせた歴代興行収入ランキングで「千と千尋の神隠し」(2001年)の約316億8000万円を超えて、1位となったことも話題になっている。国内興行収入は400億円、全世界の興行収入は517億円を突破している。7月22〜29日の期間限定で全国383の映画館で「無限列車編」の最終上映が決定。入場者特典として「煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)誕生日記念入場者プレゼント ufotable 描き下ろし A5バースデーカード」が配布される。