1週間のアニメのニュースをまとめて紹介する「アニメ1週間」。今回(7月25〜31日)は、「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(外崎春雄監督)が映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で約2カ月ぶりにトップ10入りしたニュースや「機動戦士ガンダムSEED ECLIPSE」の連載が始まった話題などが注目された。

 7月26日に発表された24、25日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんの人気マンガが原作のアニメ「鬼滅の刃」の劇場版「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が7位にランクインした。同作が動員ランキングでトップ10入りするのは、約2カ月ぶり。

 26日発売のマンガ誌「月刊ガンダムエース」(KADOKAWA)9月号で、アニメ「機動戦士ガンダムSEED」の公式外伝となるマンガ「機動戦士ガンダムSEED ECLIPSE」が連載をスタートした。オーブで極秘に開発されたエクリプスガンダムが登場する。

 28日、「ガンダム」シリーズの新作フィギュアを発表する特番「GUNDAM FIGURES LIVE」がYouTubeで配信された。「機動戦士ガンダム00」の“漆黒の謎多き機体”ガンダムアストレアTYPE-Xフィンスターニスのフィギュア「METAL BUILD ガンダムアストレアTYPE-Xフィンスターニス」などの新商品が発表された。

 28日、アニメやゲームが人気の「プリティーシリーズ」の新作テレビアニメ「ワッチャプリマジ!」に声優として内田彩さん、引坂理絵さん、鈴木杏奈さん、吉河順央さんが出演することが分かった。内田さんは、プリマジ強豪校に通う弥生ひな、引坂さんはそのパートナーの魔法使いのチムム、鈴木さんはプリマジオタクの心愛れもん、吉河はそのパートナーの魔法使いのきゃろんをそれぞれ演じる。

 29日、沖縄を舞台にしたオリジナルショートテレビアニメ「でーじミーツガール」が制作され、10月からMBS・TBS系で放送されることが分かった。沖縄・那覇市を舞台に、少女と少年の出会い、ひと夏の不思議な出来事を描くアニメで、「雲の向こう、約束の場所」など新海誠監督作品に初期から携わるアニメーターの田澤潮さんが監督を務め、沖縄出身のイラストレーターの丸紅茜さんがキャラクター原案を手がける。「アルスラーン戦記」「東京リベンジャーズ」などのライデンフィルムが制作する。

 30日、アニメ「魔神英雄伝ワタル」シリーズの新作「魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸」の全9話を再構成し、新規カットを追加した特別編集版が制作されることが明らかになった。ワタルと虎王が描かれたティザービジュアルも公開された。

 30日、「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の芥見下々(あくたみ・げげ)さんのマンガが原作のアニメ「呪術廻戦」の劇場版「劇場版 呪術廻戦 0」で、緒方恵美さんが人気キャラクターの乙骨憂太(おっこつ・ゆうた)の声優を務めることが分かった。

 31日、桜日梯子さんの人気BLマンガが原作のアニメ「抱かれたい男1位に脅されています。」の劇場版「劇場版 抱かれたい男1位に脅されています。〜スペイン編〜」が10月9日に公開されることが分かった。新キャラクターの声優も発表され、速水奨さんがセレス、落合福嗣さんがアントニオをそれぞれ演じることが分かった。愛と情熱の地・スペインでフラメンコを踊りだす東谷准太、西條高人が描かれたキービジュアルも公開された。