「モーニング」(講談社)で連載中の元警察官の泰三子さんのマンガ「ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜」が、2022年にテレビアニメ化されることが8月2日、分かった。女優の戸田恵梨香さんと永野芽郁さんダブル主演の連続ドラマが日本テレビ系で放送されていることも話題のマンガで、アニメは佐藤雄三さんが監督を務め、マッドハウスが制作する。若山詩音さんが新人警察官の川合麻依、石川由依さんが捜査一係で活躍していた元刑事課のエースの藤聖子をそれぞれ演じる。

 佐藤監督は「一足先に実写ドラマが放映されましたが、いよいよアニメ版『ハコヅメ』も放映です。皆さま応援よろしくお願いします。ダメダメな新人警官の川合が警察と言う特別な職場で日々鍛えられて(?)いく姿が面白くも可愛い姿(?)で描かれている女性警察官の徒然日記。警察官と言えども制服を脱げば中身は普通の女の子、普通の生活ではあり得ない経験をする川合に、見れば見るほど応援をしたくなります」とコメント。

 若山さんは「大好きな作品の、大好きなキャラクターを演じさせていただけることとなり、とてもうれしいのと同時に、大きなプレッシャーも感じております。ポンコツで鈍くて、でも妙に鋭い川合の魅力を余すところなくお届けするために、一生懸命頑張って参りますので、ぜひ町山交番の日常をのぞきにきてください」と話している。

 石川さんは「私が演じる藤は、元刑事課のエースで“ミス・パーフェクト”と呼ばれる、基本的にとても優秀な人……ですが、ツッコミどころも多い人です。本音ダダ漏れの警察官の日常を、時に面白おかしく、時にカッコよく演じていきたいです。川合役の若山詩音ちゃんと一緒に盛り上げていけるよう頑張ります!」と意気込んでいる。

 「ハコヅメ」は、新人警察官・川合麻依と元刑事課のエース・藤聖子の凸凹ペアが、事件、雑務、恋に奮闘する姿を描く。コミックスが第17巻まで発売されており、累計発行部数は230万部以上。ドラマ版は、戸田さんが藤聖子、永野さんが川合麻依をそれぞれ演じている。

 ◇スタッフ(敬称略)

 監督:佐藤雄三▽シリーズ構成:金月龍之介▽キャラクターデザイン:土屋圭▽アニメーション制作:マッドハウス

 ◇キャスト(敬称略)

 川合麻依:若山詩音▽藤聖子:石川由依