アニメ「攻殻機動隊S.A.C.」「東のエデン」などで知られる神山健治監督が、WOWOWの開局30周年を記念して制作する新作長編アニメのタイトルが「永遠の831」に決定し、2022年1月に放送されることが8月3日、分かった。少年と少女が描かれたティザービジュアルも公開された。ビジュアルには「止まっていた時間を動かしたのはだれ?」というコピーが添えられている。

 新作は、青春社会派クライムアドベンチャーとなる予定で、神山さんが監督を務め、脚本を手がける。「あした世界が終わるとしても」などのクラフターが制作する。

 今後の最新情報は、公式ツイッターで公開される。