葦原大介さんの人気マンガが原作のテレビアニメ「ワールドトリガー」と人気声優によるトークイベントなどが楽しめるバーチャル空間「光と星のバーチャル六本木」がコラボした「VRワールドトリガーパーク」が、8月15日にオープンすることが分かった。参加者がバーチャル空間で、C級隊員のアバターに変身して、アニメに登場する玉狛第2やA級1位の太刀川隊などの所属隊員たちと写真撮影を楽しめるほか、アニメの名場面に入り込んだような体験ができる。専用アプリ「cluster」で参加できる。入場無料。

 「VRワールドトリガーパーク」がオープンする8月15日には、空閑遊真役の村中知さん、三雲修役の梶裕貴さん、雨取千佳役の田村奈央さん、ヒュース役の島崎信長さんが出演する番組をYouTubeで生配信する。2部構成で、午後5時半から配信される第1部は、テレビアニメの第3シーズの新情報を発表。第2部は午後9時から配信され、バラエティー番組「声優パーク建設計画 VR部」と連動して、声優陣が芸人の漫才に生でアフレコする“ラフレコ”に挑戦する。

 「ワールドトリガー」は、「週刊少年ジャンプ」(集英社)で2013年2月に連載をスタートしたSFマンガ。地上を侵略しようと異次元からやって来る近界民(ネイバー)と防衛組織ボーダーの戦いを描いている。現在はマンガ誌「ジャンプSQ.(スクエア)」(同)で連載中。テレビアニメ第1シーズンが2014年10月〜2016年4月に放送、第2シーズンが2021年1〜4月に放送された。第3シーズンがテレビ朝日系で10月から放送される。