杉谷庄吾【人間プラモ】さんのマンガが原作の劇場版アニメ「映画大好きポンポさん」(平尾隆之監督)の興行収入が1億6000万円を突破したことが分かった。同作は6月4日に59館で公開され、口コミで話題になり、公開館が100館を突破。観客動員数は10万人以上を記録するなど人気を集めている。

 同作をフィルム化するクラウドファンディング企画が目標金額の1000万円を達成し、新たに“ストレッチゴール”を追加した。1600万円を達成すると、ポジフィルムを1本追加で作り、フィルムをカットし、支援者に配布する。

 「映画大好きポンポさん」は、映画を愛する青年と映画に愛された女性が映画製作を通して自分を見つけ出す姿が描かれる。B級お色気アクションばかりを手がける敏腕映画プロデューサーのポンポさんが、アシスタントの青年で“映画の虫”のジーンを監督に指名することになる。「GOD EATER」「劇場版空の境界 第5章」などの平尾さんが監督を務め、CLAPが制作する。