荒木飛呂彦さんの人気マンガ「ジョジョの奇妙な冒険」の第8部「ジョジョリオン」が、8月19日発売の連載誌「ウルトラジャンプ」(集英社)9月号で最終回を迎え、約10年の連載に幕を下ろした。

 9月号は「ジョジョリオン」が、表紙と巻頭カラーを飾った。付録は、連載完結を記念したポストカード10枚セット。荒木さんは巻末で「ジョジョリオン10年間ありがとうございました! 少し休んで、新『JOJOLANDS(仮)』でお会いしましょう。」とコメントを寄せた。コミックスの最終27巻が9月17日に発売される。

 「ジョジョの奇妙な冒険」のスピンオフコミック企画が今冬にスタートすることも発表された。小説「恥知らずのパープルヘイズ ―ジョジョの奇妙な冒険より―」などの上遠野浩平さんが原作、「ノー・ガンズ・ライフ」などのカラスマタスクさんが作画を担当する。

 「ジョジョリオン」は、2011年5月に同誌で連載をスタート。S市杜王町(もりおうちょう)を舞台に、記憶を失った青年・東方定助が、町で起こるさまざまな謎に立ち向かう姿を描く。

 「ジョジョの奇妙な冒険」は、1986年に「週刊少年ジャンプ」(同)で連載が始まった人気マンガ。数世代にわたる個性的な悪人たちとの戦いを描いた壮大なストーリーや独特の擬音を用いた表現、“ジョジョ立ち”とも呼ばれる立ちポーズなどが人気を博している。

 テレビアニメ第1部「ファントムブラッド」と第2部「戦闘潮流」が2012年10月〜2013年4月、第3部「スターダストクルセイダース」が2014年4〜9月、2015年1〜6月、第4部「ダイヤモンドは砕けない」が2016年4〜12月、第5部「黄金の風」が2018年10月〜2019年7月に放送された。第6部「ストーンオーシャン」がアニメ化されることも話題になっている。12月にNetflixで配信され、2022年1月からTOKYO MX、MBS、BS11で放送される。