特撮ドラマ「仮面ライダーゼロワン」(2019〜20年)の新作Vシネマ「ゼロワン Others 仮面ライダーバルカン&バルキリー」(筧昌也監督、8月27日から期間限定上映)の前夜祭として、「ゼロワン Others」シリーズ第1弾「ゼロワン Others 仮面ライダー滅亡迅雷」の舞台あいさつ付き上映会が8月24日、東京都内で行われた。滅/仮面ライダー滅役の砂川脩弥さん、雷/仮面ライダー雷役の山口大地さん、亡(なき)/仮面ライダー亡役の中山咲月さんが登壇した。

 「ゼロワン Others 仮面ライダー滅亡迅雷」は、衝撃を受けたという感想が多く寄せられたが、山口さんは「結末を聞いてびっくりしました。ただ滅亡迅雷は悪役なのでその形を変えずに最後を迎えられたのは幸せだと思いました」と語り、中山さんは「ショックではありましたが、いままで行ってきた悪事が清算された訳ではなかったので、この終わり方には納得できました」とコメントした。

 コロナ対策で発声での応援やリアクションができない静かな会場を見て、砂川さんは「いつもむちゃぶりをする迅(中川大輔さん)がいないとシーンとなる」と心配を吐露し、笑いを誘った。また、「ピンチの時に別々に行動していた4人が集まる絆は滅亡迅雷らしい」と力強く語る一幕も。

 さらに、テレビシリーズでの一番印象的な出来事を聞かれ、砂川さんは「イズを破壊するところ」を挙げ、山口さんは「モジュール(ヒューマギアとして耳に付けるパーツ)の固さ」と自身が付けた小道具の弱点を語り、同じくモジュールを装着した中山さんも「ちょっと固いですよね」とうなずいていた。

 「ゼロワン Others 仮面ライダーバルカン&バルキリー」は、Vシネクスト「ゼロワン Others 仮面ライダー滅亡迅雷」のその後を描くストーリー。仮面ライダー滅亡迅雷と、バルカン、バルキリーの戦いを描く。8月27日から新宿バルト9(東京都新宿区)ほか映画館で期間限定上映される。ブルーレイディスク、DVDは11月10日に発売される。