永井豪さん、石川賢さんの人気マンガ「ゲッターロボ」シリーズの最終章が原作のテレビアニメ「ゲッターロボ アーク」の第9話「突入!!」が、8月29日からTOKYO MX、BS11ほかで順次放送される。

 マシーンランドがアンドロメダ流国の襲撃を受ける中、流拓馬、カムイ・ショウ、山岸獏の前にコーメイのナノマシン体が立ちふさがる。神隼人は即時のジュラ・デッド作戦敢行を決意。ゲッター同盟軍は苦戦を強いられ、ゲッターアークを亜空間の先に送る転位装置ゾルドに蟲軍が迫る。そこに黒い真ゲッターが姿を現す。ゲッターアーク、ゲッターザウルス、一文字號が描かれたカットも公開された。

 「ゲッターロボ アーク」は、1974年に連載が始まった「ゲッターロボ」をはじめとする「ゲッターロボ・サーガ」の最終章。19年前に謎の敵の襲撃により主要都市が壊滅状態に陥った世界を舞台に、流竜馬の息子・拓馬、獏、カムイの3人がゲッターアークに乗り、地球と人類の未来を脅かす敵と戦う姿が描かれる。