9月6日発売の季刊誌「集英社クオータリー kotoba」(集英社)2021年秋号に人気アニメ「ガンダム」シリーズの生みの親として知られる富野由悠季監督のインタビューが掲載される。インタビューは「人類は『ニュータイプ』になれるのか」と題して、富野監督が考え続けてきたというニュータイプの解釈、過去に「ガンダムと手を切る」と宣言した理由、自身が総監督を務めるアニメ「ガンダム Gのレコンギスタ(G-レコ)」への思いを語る。

 同号では、「人間拡張はネオ・ヒューマンを生むか?」と題して、テクノロジーの進化と人間の可能性について、さまざまな分野の第一人者が語る特集が組まれる。

 富野監督は、インタビューで「ガンダム」シリーズに登場するニュータイプの概念が生まれた経緯、現在のニュータイプの解釈を語り、発展していく技術が人間の理性や意思を超えてしまうことに警告を発するなど、痛烈なメッセージを送る。