俳優の木村拓哉さんが9月10日、東京都内で行われた、ゲーム「LOST JUDGMENT(ロストジャッジメント):裁かれざる記憶」(セガ)の完成披露記者発表会に登場した。木村さんは、主人公の元弁護士で現在探偵の八神隆之役としてCGキャラクターとなってゲームに登場している。木村さんは、演じてみたい探偵や弁護士について「役だったら……探偵もアリかなと思うんですけど、逆に犯人もアリなのかな」と犯人役への興味を告白。同ゲームのストーリーが「何度も裏切られる展開になっている」と絶賛し、「ストーリーがしっかりしていれば、弁護士だろうが探偵だろうが犯人だろうが、やりがいは絶対にあると思います」と語った。

 2018年に発売された前作「JUDGE EYES(ジャッジアイズ):死神の遺言」に続き八神を演じる木村さんは、同キャラクターの魅力を聞かれると「前作からずっとそうなんですけど、やっぱりブレない部分が非常に強みだと思います」と回答。「でも彼個人だけの魅力というより、彼を支えてくれる周りのキャラクターとか、そういう周りの人にも恵まれているキャラクターだと思う。彼一人というより、世界観全体の魅力なのかなと思います」と考えを明かした。

 最後に木村さんは「ゲームというすごく独特な世界観であるとは思うんですが、普段実写でやっている立場からすると『こんなにもリアルにできるんだ』という、ちょっとプレッシャーを与えられるぐらいのリアルな世界観が広がっていると思う」とクオリティーに自信をみせ、「この状況下でストレスがたまりがちだと思うんですが、そんなストレスをこの作品でちょっとは抜くことができるんじゃないかな、という気がしなくもないので、ぜひプレーして楽しんでほしいと思います」と呼び掛けた。

 発表会には同作に出演する玉木宏さん、山本耕史さん、光石研さん、中尾彬さん、名越稔洋総合監督も出席した。

 「LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶」は、2018年に発売された「JUDGE EYES:死神の遺言」の続編。「JUDGE EYES:死神の遺言」は「龍が如く」シリーズを制作した「龍が如くスタジオ」が手掛ける人気ゲームで、東京・新宿の歌舞伎町をモデルにした架空の町・神室町を舞台に、木村さん演じる元弁護士で探偵の八神が、連続殺人事件の裏に潜む陰謀に挑む。続編の舞台は横浜で、主人公・八神がとある事件の有罪判決をきっかけに、予想もできない大きな謎に巻き込まれる。PS5、PS4、Xbox X/S、XboxOne向け。9月24日に発売。