永井豪さん、石川賢さんの人気マンガ「ゲッターロボ」シリーズの最終章が原作のテレビアニメ「ゲッターロボ アーク」のブルーレイディスク(BD)第2巻のデジジャケットの描き下ろしイラストが9月10日、公開された。BD第1巻と同じく永井さんの描き下ろしで、右腕のドリルを構えるゲッターキリク、カムイ・ショウが乗るゲットマシンのキリク号が描かれている。永井さんがゲッターキリクを描くのは初めて。

 BD第3巻の収納ボックスのイラストも公開された。キャラクターデザインの本橋秀之さん、CGデザインの後藤優一さんの描き下ろしで、ゲッターカーン、ゲッターカーンを操縦する山岸獏が描かれている。BD第2巻の封入特典のブックレットに本橋さん、後藤さん、シリーズ構成の早川正さん、キャラクターコンセプトの星和弥さん、ロボット・コンセプトデザインの堀井敏之さんのインタビューが掲載されることも発表された。

 BD第1巻の特装限定版は10月27日、第2巻の特装限定版は11月26日、第3巻の特装限定版が12月24日にそれぞれ発売される。価格は各1万4300円。バンダイナムコアーツ公式オンラインショップ「A-on STORE」では、ゲッターアークの胸像フィギュアなどが付属する「真早乙女研究所オフィシャルショップ限定豪華版」の予約を受け付けている。9月16日まで。

 「ゲッターロボ アーク」は、1974年に連載が始まった「ゲッターロボ」をはじめとする「ゲッターロボ・サーガ」の最終章。19年前に謎の敵の襲撃により主要都市が壊滅状態に陥った世界を舞台に、流竜馬の息子・拓馬、カムイ、山岸獏の3人がゲッターアークに乗り、地球と人類の未来を脅かす敵と戦う姿が描かれる。TOKYO MX、BS11ほかで放送中。