許斐剛(このみ・たけし)さんの人気テニスマンガ「テニスの王子様」のフル3DCGの新作劇場版アニメ「リョーマ!The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様」(神志那弘志監督)の公開記念舞台あいさつが9月11日、TOHOシネマズ 六本木ヒルズ(東京都港区)で開催され、原作者で同作の製作総指揮を務める許斐さん、「ミュージカル『テニスの王子様』(テニミュ)」の初代越前リョーマ役の柳浩太郎さんら歴代“リョーマ俳優”が集結した。

 舞台あいさつでは「リョーマを演じる上で意識したこと」など“リョーマトーク”が繰り広げられた。初代リョーマ役の柳さんは「(森山栄治さんが演じた)桃ちゃん先輩の前で、リョーマは緊張して話さなければいけないけど、素のパパ(森山さん)が面白いから笑っちゃう。笑わないようにクールなリョーマを演じようと頑張った」と当時を振り返った。許斐さんが「柳が頑張ってくれたから今のテニミュがここにつながったんだと思うよ」と話すと、柳さんは「あざっす!」と笑顔を見せた。

 イベントには、「ミュージカル『テニスの王子様』」の初代リョーマ役の柳さん、4代目の阪本奨悟さん、5代目の高橋龍輝さん、6、7代目の小越勇輝さん、8代目の古田一紀さん、9、10代目の阿久津仁愛さん、現リョーマ役の今牧輝琉さんが登場した。さらに、2代目の遠藤雄弥さん、3代目の桜田通さんからのコメントも紹介された。舞台あいさつのMCは、初代不二周助を演じ、初代リョーマの代役を務めたこともあるKIMERUさんが担当し、「テニミュ」俳優が一堂に会した。

 「テニスの王子様」は、「週刊少年ジャンプ」(集英社)で1999〜2008年に連載されたマンガ。テニスの天才少年・越前リョーマが、青春学園のテニス部で頭角を現し、ライバル校との戦いを通じて成長していく姿が描かれた。2009年から「ジャンプSQ.」(同)で新シリーズ「新テニスの王子様」が連載中。

 新作は、作者の許斐さんが初めて製作総指揮を務め、「テニスの王子様」と「新テニスの王子様」の間の3カ月が描かれる。青春学園中等部が、全国大会決勝戦で立海大附属中学校との激闘を制した3日後、リョーマは単身アメリカへテニスの武者修行の旅に出る。アメリカでギャングとのトラブルに巻き込まれたことをきっかけに、リョーマは、父・南次郎が現役テニスプレーヤーとして活躍していた過去のアメリカへタイムスリップしてしまう……というストーリー。

 一部シーンが異なる「Decide」と「Glory」の2タイプで上映される。本編のエンドロール後には、「テニスの王子様」シリーズの人気楽曲を使用したライブパート「シアター☆テニフェスpetit!」が上映される。