2019〜20年に放送されたスーパー戦隊シリーズ「騎士竜戦隊リュウソウジャー」(テレビ朝日系)の完全新作スピンオフ「騎士竜戦隊リュウソウジャー THE LEGACY OF The Master’s Soul(ザ レガシー オブ ザ マスターズ ソウル)」が、アプリサービス「東映特撮ファンクラブ(TTFC)」で、10月17日から配信されることが分かった。

 テレビシリーズの第1話で壮絶な最期を遂げた「先代リュウソウジャー」こと3人のマスターを描く、第1話よりも前の“エピソード0”に位置づけられる物語となる。予告編では「これはマスターたちの知られざる物語」「リュウソウジャー誕生の秘密がいま明かされる」などと映し出された。リュウソウレッド/コウ(一ノ瀬颯さん)、リュウソウピンク/アスナ(尾碕真花さん)らリュウソウジャーの5人も登場する。

 主役となるマスターレッド、マスターブルー、マスターピンクはテレビシリーズに引き続き、黄川田雅哉さん、渋江譲二さん、沢井美優さんがそれぞれ演じる。今作からのキャストとして、マスターレッドの兄弟子・ニレ役で松田賢二さん、マスターピンクの弟子のイスカ役で花影香音さん、マスターブルーの元弟子でリュウソウルの研究をしているマユ役で宮崎香蓮さん、謎の少女・ハナ役で駒井蓮さんが出演する。

 戦闘民族ドルイドンが地球に再び襲来する少し前、3人のマスターは、自らの後継者となるべき存在を、慎重に見極めていた。強さに自信のあるイスカは、マスターピンクがアスナを推していることに激しく反発。イスカの焦りは、マスターブルーにも伝わっていた。そんな中、突如としてマイナソーが出現する。そして、マスターレッドの前には謎の少女・ハナが現れる……というストーリー。たかひろや監督がメガホンをとり、脚本は下亜友美さんが務める。