GA文庫(SBクリエイティブ)のライトノベルが原作の「天才王子の赤字国家再生術」に声優として日笠陽子さん、榊原優希さん、中島由貴さんが出演することが分かった。日笠さんはアースワルド帝国からナトラ王国に派遣された駐在大使のフィシュ・ブランデル、榊原さんはナトラ王国王女・フラーニャ付きの護衛のナナキ・ラーレイ、中島さんのマーデン解放軍の幹部のゼノをそれぞれ演じる。若き王子ウェインらが登場するPV、ウェインが公務から逃げ出す姿を描いた新たなビジュアルも公開された。

 日笠さんは「主人公と言えば、激戦で血ヘドを吐きながら国を立て直すのが定石かと思いますが、自国を売ってしまおうという斬新な切り口が現代の投資に酷似していて、面白いです! 物語がどう進むのか気になります。天才の名にふさわしい主人公、一癖も二癖もあるキャラクターに囲まれていて、唯一まともなキャラなのでは?と思えるフィシュさん。ロウェルミナ殿下だけでなく皆さんにとっても癒やし、支えのような存在になれならと思います」と話している。

 同作は、資源も人材も兵力もない弱小国家を背負うことになった若き王子ウェインが、売国による悠々自適の隠居生活を目指すが、名声は上がり、売国が遠のく……というストーリー。斉藤壮馬さんが主人公・ウェインを演じる。テレビアニメが2022年1月に放送される。

 ◇キャスト(敬称略)

 ウェイン:斉藤壮馬▽ニニム:高橋李依▽フラーニャ:千本木彩花▽ロウェルミナ:東山奈央▽フィシュ:日笠陽子▽ナナキ:榊原優希▽ゼノ:中島由貴