ヤマシタトモコさんのホラーミステリーマンガが原作のテレビアニメ「さんかく窓の外側は夜」の先行上映会が9月25日、新宿ピカデリー(東京都新宿区)で行われ、三角康介役の島崎信長さん、冷川理人役の羽多野渉さんら声優陣が登場した。同作は、霊が見える三角と除霊師の冷川がバディーとなり未解決事件を追うホラーミステリーで、島崎さんは「お芝居と違ったところでびっくりがあった」と現場での“不思議な体験”を明かした。

 声優陣は、収録前にリハーサル用のDVDを見て練習をすることがあるといい、島崎さんは「その映像がなぜか見られない、途中で止まることが何度もあったんです。しかも、自分が演じている三角が霊と会うシーンの直前で止まって、映像が飛ぶんです。あんなことあります!?」と体験を語った。

 羽多野さんも同様の体験をしたといい、「なぜか『さんかく』のVだけ再生できなかったり、途中で止まったり……。自分のせりふの直前でエンディングに飛ぶんですよ」と話していた。上映会には、非浦英莉可役の安済知佳さん、半澤日路輝役の三上哲さんも登場した。

 「さんかく窓の外側は夜」は、2013年3月〜2020年12月に「月刊MAGAZINE BE×BOY」(リブレ)で連載されたマンガで、霊が見える書店員・三角康介と除霊師の冷川理人がバディーとなり、未解決事件を追う。俳優の岡田将生さん、志尊淳さんがダブル主演した実写映画が、今年1月に公開されたことも話題になった。アニメは、島崎信長さんが三角、羽多野さんが冷川をそれぞれ演じる。10月3日からTOKYO MX、サンテレビほかで放送される。