8月に放送が終了した特撮ドラマ「仮面ライダーセイバー」の続編となるVシネマ「仮面ライダーセイバー 深罪(シンザイ)の三重奏(トリオ)」(2022年初頭に期間限定上映)に、本作オリジナルの仮面ライダーとなる仮面ライダーファルシオン アメイジングセイレーンが登場することが分かった。白と黒のボディーカラーが目を引く通称「白夜のライダー」で、ブレイズ/新堂倫太郎(山口貴也さん)の父を名乗る男・篠崎真二郎(橋本さとしさん)が、聖剣・無名剣虚無(ムメイケンキョム)と覇剣ブレードライバー、アメイジングセイレーンワンダーライドブックを用いて変身する。

 「仮面ライダーセイバー 深罪の三重奏」は、「セイバー」の8年後を描く“正統続編”で、セイバー/神山飛羽真(内藤秀一郎さん)や倫太郎、エスパーダ/富加宮賢人(青木瞭さん)ら剣士たちの“その後”が描かれる。

 飛羽真ら剣士たちが命を懸けて世界を救ってから8年後。剣士たちをめぐって、奇妙な出来事が起こり始め、聖剣の持ち主たちが一人、また一人と消えていってしまう。事件の謎を究明すべく行動を開始した倫太郎の前に突如として現れたのは、仮面ライダーファルシオン アメイジングセイレーン。変身を解いた真二郎は、自分こそが倫太郎の父だと名乗る。一方、賢人もファルシオンに遭遇し、さらに飛羽真もファルシオンに襲われる。飛羽真たちに最大にして最後の苦難が待ち受ける……というストーリー。

 2022年初頭に映画館で期間限定で上映され、5月11日にブルーレイディスク(BD)、DVDが発売される。