人気ゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズの世界観、設定を基にしたマンガ「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」の新作テレビアニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」の第51話「アバン流究極奥義」が、テレビ東京系で10月2日午前9時半に放送される。

 ポップ、ヒュンケル、クロコダインは、チウを探して死の大地を訪れる。チウを発見したヒュンケルは、チウがフェンブレンと交戦し、バランに救われたことを察知する。ポップとチウを帰還させると、岩陰に姿を隠すバランに声をかける。姿を現したバランの以前とは違う表情から、ヒュンケルはその真意に気付く。ヒュンケルは、ダイ、鎧の魔槍(よろいのまそう)を託してくれたラーハルトのためにバランの制止を試みる。

 「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」は、三条陸さんが原作、稲田浩司さんが作画を担当し、堀井雄二さんが監修。「週刊少年ジャンプ」(集英社)で1989〜96年に連載された。少年・ダイが、魔法使いのポップたちと魔王を倒すために冒険する姿が描かれた。1991〜92年にテレビアニメが放送されており、約28年ぶりにアニメ化された。