「週刊少年マガジン」(講談社)で連載中のマンガ「東京卍リベンジャーズ」の主人公・花垣武道(タケミチ)、佐野万次郎(マイキー)、龍宮寺堅(ドラケン)らのシールセット「東卍幹部陣シールセット」が、10月6日発売の同誌45号に付録として付く。

 東京卍會(東卍)の幹部のキャラクターのイラストを使用した全24点のシールで、タケミチ、マイキー、ドラケンのほか、場地圭介、松野千冬、三ツ谷隆などをラインアップ。「暴走卍愚連隊」「初代総長」など文字のシールもそろえた。

 同作は「新宿スワン」などで知られる和久井さんが「週刊少年マガジン」で2017年に連載を開始。人生どん底のダメフリーターのタケミチが、恋人を救うため、逃げ続けた自分を変えるためにリベンジする姿を描く。タケミチは、中学時代の恋人・ヒナタが、最凶最悪の悪党連合・東京卍會に殺されたことを知り、人生のピークだった12年前の中学時代にタイムリープする。テレビアニメが4〜9月に放送された。