「マギ」で知られる大高忍さんのマンガが原作のテレビアニメ「オリエント」に声優として下野紘さん、和氣あず未さん、羽多野渉さんが出演することが10月6日、分かった。下野さんは、所属武士団が不明な謎の武士・犬飼四郎、和氣さんが犬飼四郎に付き従う所属武士団不明の少女・犬坂七緒、羽多野さんが小雨田武士団・団長の小雨田英雄をそれぞれ演じる。

 下野さんは「犬飼は、一見無邪気というか、人懐っこそうというか、いい人そうな雰囲気を持っていますが、実はかなり狂気的な一面を持ち合わせていて、そんな犬飼四郎の無邪気で残酷なところをどう演じるか楽しみにしつつ、どんな映像、どんな演出になっていくのか、今から楽しみです!!」と話している。

 和氣さんは「私自身、大高忍先生の作品が元々好きだったので、この作品に携われてこうしてご一緒できるのがとてもうれしいです!! アフレコはこれから始まりますが、どういう空気感になるのか今からとても楽しみです! バトルシーンはアニメならではの迫力でさらに格好よさと緊迫感が増すんじゃないかなぁとワクワクしています。ぜひ、一緒に作品を盛り上げてくださるとうれしいです!」とメッセージを送った。

 羽多野さんは「原作を読んでいて、強烈な個性を放っているキャラクターだと思ったので、演じさせていただけるのがうれしいですね! 小雨田は、一つの武士団を束ねる存在ですが、かなり偏った正義感・価値観の持ち主です。普段はとても穏やかで優しく見えるのですが……ここから先はぜひアニメをご覧になってお楽しみください」とコメントを寄せている。

 2022年1月の放送開始に先駆けて、先行上映イベントが12月12日に幕張国際研修センター(千葉市美浜区)で開催されることも発表された。武蔵役の内田雄馬さん、鐘巻小次郎役の斉藤壮馬さんら声優陣が登場する。

 「オリエント」は、2018年に「週刊少年マガジン」(講談社)で連載がスタート。今年2月に「別冊少年マガジン」(同)に移籍し、連載されている。突如、鬼神が飛来した戦国時代の日ノ本を舞台に、武蔵と小次郎が“最強の武士団”結成を夢見て鬼神に立ち向かう。

 アニメは、内田さんが武蔵、斉藤さんが小次郎をそれぞれ演じる。「ずっと前から好きでした。〜告白実行委員会〜」などの柳沢テツヤさんが監督を務め、「宝石商リチャード氏の謎鑑定」などの國澤真理子さんがシリーズ構成、「魔法少女まどか☆マギカ」などの岸田隆宏さんがキャラクターデザインを担当する。「湾岸ミッドナイト」などのA・C・G・Tが制作する。2022年1月からテレビ東京、AT-Xほかで放送される。