葦原大介さんの人気マンガが原作のテレビアニメ「ワールドトリガー」のイベント「ワールドトリガーチャンネルVol.3」が10月6日、YouTubeの東映アニメーション公式チャンネルで配信された。空閑遊真役の村中知さん、三雲修役の梶裕貴さん、雨取千佳役の田村奈央さん、犬飼澄晴役の田中健大さんが登場し、セカンドシーズン最終話の生オーディオコメンタリーを披露。声優陣がアフレコ秘話を語った。アドリブ、ガヤなどが話題になると、アニメを手がける東映アニメーションの永富大地プロデューサーは「ガヤはスタッフも爆笑しています」と明かした。

 声優陣も初めて見るというサードシーズン第1話の冒頭4分も初めて公開。映像では、サードシーズンの新キャラクターの林藤ゆり、ミカエル・クローニンが登場した。キャラクターのシルエットが描かれた新ビジュアルも公開。サードシーズンが始まる10月9日にかけてシルエットのキャラクターが順次、公開される。

 10月17日に東京ガーデンシアター(東京都江東区)で開催される「ワールドトリガー」の初となる音楽イベント「ワールドトリガー THE MUSIC EXPO」で、村中さん、田村さんが生アフレコを披露することも発表された。

 永富プロデューサーは、サードシーズンの放送に向けて「『ワールドトリガー』は、スタッフ、キャスト、関係者のみんなで作っていますが、ファンの皆さんがいなければ作品は完成しません。皆さんと一緒に盛り上げていければ」と語った。

 「ワールドトリガー」は「週刊少年ジャンプ」(集英社)で2013年2月に連載をスタートしたSFマンガ。“こちらの世界”を侵略しようと異次元からやって来る近界民(ネイバー)と防衛組織であるボーダーの戦いを描いている。現在は「ジャンプSQ.(スクエア)」(同)で連載中。テレビアニメのファーストシーズンが2014年10月〜2016年4月に放送。セカンドシーズンが2021年1〜4月に放送され、約4年半ぶりに“復活”したことも話題になった。サードシーズンが、テレビ朝日系で10月9日深夜1時半から放送される。