故・モンキー・パンチさん原作のアニメ「ルパン三世」の新作テレビアニメ「ルパン三世 PART6」が、10月9日深夜から順次、日本テレビ系で放送される。新作では、次元大介役が小林清志さんから大塚明夫さんへ交代することも話題となっており、初回は小林さんが最後に次元を演じる「EPISODE 0 -時代-」が放送される。

 新作の舞台はロンドン。ルパンのターゲットは、英国政府を影で操る謎の組織・レイブンが隠したお宝だ。その前に立ちはだかるのは、スコットランド・ヤードやMI6、ルパンの動きを察知した銭形警部。そしてシャーロック・ホームズも現われる。

 「PART6」は、ルパン三世をひもとく二つのキーワードがあり、1クール目のキーワードは「ミステリー」。王道かつ斬新な謎多き物語が描かれる。推理作家の大倉崇裕さんがシリーズ構成を担当し、「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」などの押井守さん、ベストセラー小説「告白」などで知られる湊かなえさんらが豪華作家陣がゲスト脚本家として参加し、オムニバスエピソードを担当する。

 栗田貫一さんがルパン三世、大塚さんが次元大介、浪川大輔さんが石川五ェ門、沢城みゆきさんが峰不二子、山寺宏一さんが銭形警部をそれぞれ演じるほか、津田健次郎さん、島崎信長さんらが声優として出演する。「名探偵コナン」などのトムス・エンタテインメントが制作する。