声優の野沢雅子さん、下野紘さん、前野智昭さんらが出演する朗読劇「世界文化遺産 下鴨神社 朗読劇 鴨の音 第二夜『読還-よみがえり-』」が、10月16、17日に世界文化遺産である下鴨神社(京都市左京区)で開催されることを受けて、声優陣がコメントを寄せた。下野さんは「下鴨神社、そして、野沢雅子さんはじめ、面白そうな出演陣と共に朗読ですからね。どんなことになるかワクワクしています!! 本番、どんな化学反応が起こるのか、今から楽しみです!!」と話している。

 前野さんは「舞台が世界文化遺産である下鴨神社ですので、もちろん緊張もするかと思いますが、リハーサルの段階からたしかな手応えを感じています。朗読劇のシナリオもとても深いお話ですし、キャストの皆さんも非常に豪華なメンバーですので、いろいろな方に楽しんでいただけると思います。下鴨神社で皆さんと共に新しい、いい思い出が作れるように精いっぱい臨もうと思います!」と意気込みを語っている。

 岸尾さんは「下鴨神社という神域。山下平祐さんの作・演出。大先輩の野沢雅子さんと頼もしい後輩たち。場所、作品、共演者に恵まれた中で朗読劇ができることにとても感謝をしております。まだまだ大変な世の中で、自分ができることはお芝居しかありませんが精いっぱい務め上げます! 皆様におかれましては、ご無理のないよう楽しんでいただければ幸いです」と話している。

 島崎さんは「まさか世界遺産である、京都の下鴨神社で朗読劇をさせていただけるとは。声優をやっているとこんなこともあるんですね。すごいや。とはいえ、やることはいつも通り。すてきな仲間たちと一緒に、思いっきり声で表現するだけです。さわりはポップで入りやすくも、聞いていくと奥深さを見せてくる、そんな朗読劇になる気がしています。どうぞお楽しみに」とコメントを寄せている。

 「世界文化遺産 下鴨神社 朗読劇 鴨の音 第二夜『読還-よみがえり-』」は、声優陣によるオリジナル朗読劇。2020年に開催された朗読劇の第2回で、第1回に続き、野沢さん、岸尾さんが出演し、新たに下野さん、前野さん、島崎さんが出演する。歌手の藤井フミヤさんの「Little sky」がエンディングテーマとなる。野沢さんは声のみの出演。10月16日午後7時、17日午後6時に開演。有料で生配信も実施され、10月9日からチケットが販売される。

 昨年開催された第1回「鴨の音 第一夜『糺の風』」が、YouTubeで期間限定で無料配信されている。10月15日まで。