葦原大介さんの人気マンガが原作のテレビアニメ「ワールドトリガー」のサードシーズンが10月9日から、テレビ朝日系の深夜アニメ枠「NUMAnimation(ヌマニメーション)」で放送される。原作は「週刊少年ジャンプ」(集英社)で2013年2月に連載をスタートし、現在はマンガ誌「ジャンプSQ.(スクエア)」(同)で連載中。ファーストシーズンが2014年10月〜2016年4月、セカンドシーズンが今年1〜4月に放送された。

異次元からやって来る近界民(ネイバー)の侵略に対抗すべく設立された、防衛組織ボーダー。その末端に所属する三雲修は、偶然知り合った近界民の空閑遊真や幼なじみの雨取千佳とともに三雲隊(玉狛第2)を結成し、近界への遠征部隊加入を目指してボーダー内部のランク戦を勝ち抜こうと奮闘していた。

 セカンドシーズンでは玉狛第2が、B級ランク戦ラウンド6で勝利をつかむまでが描かれた。サードシーズンは、元々は敵対していたヒュースが加入し、戦力を大幅に強化した玉狛第2が始動する。B級ランク戦ラウンド7が火蓋(ひぶた)を切り、強敵たちと知略を駆使して戦う。

 ファースト、セカンドシーズンに続き、村中知さんが空閑遊真を、梶裕貴さんが三雲修を演じ、声優として田村奈央さんや中村悠一さん、島崎信長さんらが出演する。