冨樫義博さんの人気マンガ「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)」のテレビアニメ(日本テレビ系)の放送10周年を記念した描き下ろしイラストが10月11日、公開。あわせてゴン=フリークス役の潘めぐみさんと、キルア=ゾルディック役の伊瀬茉莉也さんが祝福のコメントを寄せた。

 「HUNTER×HUNTER」は、1998年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載を開始した同名マンガが原作。幼いころに別れた父と同じプロハンターになるため故郷を旅立った少年、ゴンが、キルアら仲間たちとともに、冒険を繰り広げる姿を描いている。2011年10月から2014年9月まで放送された。

 イラストは、キャラクターデザインを手がけた吉松孝博さんの描き下ろしで、ゴン、キルア、クラピカ、レオリオ、ヒソカをあしらったレイアウト。ゴンとキルアはそれぞれ念能力で「1」と「0」を表現している。

 ゴンを演じた潘さんは「私のはじまりであり、これからも変わらぬ原点。そのスタート地点に立たせていただいてから10年、なのですね」とコメント。「ハンターには、たくさんの出会いと、人生でかけがえのないものを与えてもらいました。こうして展開が続いているというのもみなさんのおかげです。これまでの全てに、ありがとうとおめでとうを伝えたいです」と話している。

 キルア役の伊瀬さんは「私が今こうして声優として人生を歩ませてもらってるのは14歳の時にHUNTER×HUNTERと出合ったおかげです」と告白。「ただのキルアファンだった女の子がその10年後、 24歳の時にキルアを演じることになるとは……夢がありますよね(笑い)。そこからさらに10年ですか……! これからも末永く作品が愛され続けていってほしいです。10周年、本当におめでとうございます!」とコメントしている。