京都アニメーションが手がけるアニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の劇場版「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」のブルーレイディスク(BD)&DVDが10月13日に発売された。

 本編ディスクのみの通常版、BDは本編ディスクと高画質のUHD-BDディスクを収録した特別版が発売。全形態共通の特典として、描き下ろし特製ケース、66ページのオールカラーブックレット、ヴァイオレット・エヴァーガーデン役の石川由依さん、ギルベルト・ブーゲンビリア役の浪川大輔さん、クラウディア・ホッジンズ役の子安武人さん、ディートフリート・ブーゲンビリア役の木内秀信さんのオーディオコメンタリーなどが収録される。BD特別版の特典には、特別版限定小冊子が付く。

 書籍「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 〜ラスト・レター〜」が発売されることも発表された。「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -」「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の劇場公開時に入場者プレゼントとして配布された書き下ろし短編小説8編、外伝のBD&DVDに封入の1編に加え、2編の書き下ろしを1冊の文庫本にまとめる。ショッピングサイト「京アニショップ!」「きゃにめ」で予約を受け付ける。2022年1月に発送予定。

 8月14、15日にLINE CUBE SHIBUYA(東京都渋谷区)で開催されたコンサート「ヴァイオレット・エヴァーガーデン オーケストラコンサート2021」の模様を収録したBDがが2022年1月19日に発売されることも発表された。

 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は、「第5回京都アニメーション大賞」の大賞を受賞した暁佳奈さん作、高瀬亜貴子さんイラストのライトノベルが原作。かつて軍人として戦ったヴァイオレット・エヴァーガーデンが、依頼者の思いをくみ取って言葉にする自動手記人形となり、さまざまな依頼者のさまざまな感情に触れ、人の心を理解していく……というストーリー。テレビアニメが2018年1〜4月に放送された。新作劇場版アニメ「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が2020年に公開され、興行収入が約21億3000万円を記録するなどヒットした。

 日本テレビの映画枠「金曜ロードショー」で、石立太一監督の監修でテレビシリーズを新たに再構成した「特別編集版」が10月29日午後9時、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-」が11月5日午後9時に放送されることも話題になっている。