尾田栄一郎さんの人気マンガが原作のテレビアニメ「ONE PIECE(ワンピース)」(フジテレビ系)が、11月21日の放送で1000話を迎える。1999年10月20日に放送スタートから約22年で偉業を達成する。1000話のアニバーサリープランの第1弾として記念ビジュアルが公開された。ルフィら麦わらの一味、カイドウら百獣海賊団の面々が描かれている。

 フジテレビ編成部の江花松樹さんは「第1話の放送から、放送を続けること22年。今まで関わってきたアニメスタッフの“受け継がれる意思”、そして支えてくださった視聴者の皆様の熱い思いでここまでくることができました。この場を借りて御礼申し上げます。時代は変われど、『ONE PIECE』のよさは変わらない……。節目を迎えたアニメ『ONE PIECE』は今後ますます盛り上がっていきますので、引き続き応援のほど、よろしくお願いします!」とコメント。

 東映アニメーションの柴田宏明さんは「1999年10月に放送がスタートしたアニメ『ONE PIECE』が、ついに1000話放送に到達します! ここまでルフィたちの冒険を見守り応援してくださった視聴者の皆様に御礼申し上げます。1000話を迎えてお話の方もますます盛り上がっており、記念ビジュアルの絵柄に象徴されるように麦わらの一味とカイドウ率いる百獣海賊団のバトルが佳境を迎えます! そのほかにも1000話の放送ではみなさんに喜んでいただける施策を用意しておりますので、11月21日の放送をぜひご覧ください!」と話している。

 「ONE PIECE」は、手足などがゴムのように伸びる麦わら帽子の青年・ルフィが、海賊王を目指して仲間と共に大海原を冒険する姿を描くマンガ。1997年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載が始まった。2010年3月に発売されたコミックス第57巻の初版発行部数が日本出版史上最高となる約300万部を記録。2012年8月発売の第67巻は初版約405万部で、自己記録を更新した。2015年6月には「最も多く発行された単一作者によるコミックシリーズ」のギネス世界記録に認定された。1月4日発売の「週刊少年ジャンプ」5・6合併号で連載1000話に到達した。アニメは、フジテレビ系で毎週日曜午前9時半に放送。